美白用の洗顔石鹸はたくさんありますが、美白石鹸には大きく分けて二種類あります。 1つは美白成分が入...

美白に良い石鹸の選び方、美白成分と汚れ落ちが重要

美白用の洗顔石鹸はたくさんありますが、美白石鹸には大きく分けて二種類あります。

1つは美白成分が入っているもの(メラニンの生成を抑えてシミを防ぐもの)。

もう1つは、美白成分が入っていないもので、毛穴の黒ずみや肌の汚れを解消することで顔が明るくなったように見えるものです。

美白ケアのためには、美白成分が入っていて、汚れもしっかり落とすものが良いです。


美白成分について:

美白におすすめの「フラーレン」という成分があります。

シミやくすみの主な原因は、活性酸素が増えてメラニンが生成されること。

フラーレンは抗酸化作用がビタミンCの125倍もあり、紫外線などで活性酸素が増えるのを抑え、シミやくすみを原因から解消するのです。


美白とターンオーバーについて:

年齢が上がるにつれて、シミやそばかすは増えてきます。その理由は年齢とともにターンオーバーが遅れてくるからです。

ターンオーバーが正常な肌は、メラニンがだんだんと押し出されてきて、排出されます。逆にターンオーバーが阻害されると、いつまでもメラニンがが残ったままで、シミになってしまいます。

ターンオーバーを促進するには、しっかりと保湿し肌に潤いを与えることが大切です。

また、古くなった角質汚れが残っているとターンオーバーを阻害します。だから、角質汚れをしっかり落とす洗浄力も重要です。

美白石鹸選びはこの3つのポイントが大切!
  メラニンの生成をおさえ、シミを予防する
  高い洗浄力で、黒ずみや角質汚れをしっかり落とす
  保湿力が高く、肌に潤いを与える

(*:ここで言う美白とは、メラニンが生成されるのを抑えることです。)